生命保険の非課税枠を活用

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部または一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。

 

契約者(保険料負担者)

被保険者

死亡保険金受取人

被相続人

被相続人

相続人

 

この死亡保険金の受取人が相続人である場合には、以下の算式で計算した非課税限度額が設けられています。

 

非課税限度額=500万円×法定相続人の数

 

なお、相続人以外の人が取得した死亡保険金は非課税の適用はありません。

 

預金をそのまま相続で受け取るよりも、預金を生命保険金に変えることで、生命保険の非課税枠を活用し、相続税の課税対象は少なくなります。仮に法定相続人が3人であれば、預金1,500万円を一時払い終身保険等に加入し、500万円×3人=1,500万円の生命保険の非課税枠が活用できます。