個人契約の地震保険に加入して地震保険料控除を適用

個人が地震保険料を支払った場合、地震保険料控除(年額合計5万円)として所得控除を受けることができます。

地震保険料控除の対象となる地震保険の契約は、居住用家屋又は生活に通常必要な家具、什器、衣服などの生活用動産を保険等の対象としているものです。別荘や空き家等の地震保険契約は控除の対象にはなりません。

 

平成19年分から損害保険料控除が廃止され、地震保険料控除が新設されました。その経過措置として、以下の要件を満たす一定の長期損害保険契約等に係る損害保険料については地震保険料控除として控除することができます。

 

  • 平成18年12月31日までに締結した一定の契約
  • 満期返戻金等のあるもので保険期間又は共済期間が10年以上の契約
  • 平成19年1月1日以後にその損害保険契約等の変更をしていないもの

 

【地震保険料控除の計算方法】

区分

年間の支払保険料の合計

控除額

地震保険料

5万円以下

支払金額

5万円超

5万円

旧長期損害保険料

1万円以下

支払金額

1万円超2万円以下

支払金額÷2+5,000円

2万円超

15,000円

上記両方ある場合

 

上記それぞれの方法で計算した金額の合計額(上限5万円)