社会保険診療報酬の所得計算の特例を選択

医業を営む個人や医療法人が、以下の要件に該当すれば、所得金額の計算上、収入金額から控除する経費の金額を、実際にかかった経費に代えて、特例により計算した経費とする特例が選択できます。

  • 社会保険診療報酬による収入金額が年間5,000万円以下
  • 医業(歯科医業)の総収入金額が年間7,000万円以下

 

この特例は実額経費よりも概算経費の方が有利な場合にだけ選択して適用を受けることができるのです。

 

速算表

社会保険診療報酬

概算経費額

加算額

2,500万円以下

72%

―円

2,500万円超3,000万円以下

70%

500,000円

3,000万円超4,000万円以下

62%

2,900,000円

4,000万円超5,000万円以下

57%

4,900,000円

 

概算経費の目安

社会保険診療報酬

概算経費額

所得金額

所得率

2,500万円

1,800万円

700万円

28.0%

3,000万円

2,150万円

850万円

28.3%

3,500万円

2,460万円

1,040万円

29.7%

4,000万円

2,770万円

1,230万円

30.7%

4,500万円

3,055万円

1,445万円

32.1%

5,000万円

3,340万円

1,660万円

33.2%