壊れたままのもの、古くなったものの修繕

固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち以下のために要したと認められる部分の金額は修繕費になります。

・その固定資産の通常の維持管理のため

・毀損した固定資産につきその原状回復のため

 

固定資産の修理や改良において、以下に該当するときは修繕費となります。

 

・その一の修理、改良等のために要した費用の額が20万円未満の場合

・その修理、改良等が概ね3年以内の期間を周期として行われることが既往の実績その他の事情から見て明らかな場合

 

固定資産の修理や改良において、以下に該当するときには資本的支出とされ、その年の修繕費にはなりません。

 

  • 建物の避難階段の取付等物理的に付加した部分に係る費用の額
  • 用途変更のための模様替え等改造又は改装に直接要した費用の額
  • 機械の部分品を特に品質又は性能の高いものに取り換えた場合のその取り換えに要した費用の額のうち通常の取り換えの場合にその取り換えに要すると認められる費用の額を超える部分の金額

 

なお、建物の増築、構築物の拡張、延長はそもそも建物等の取得になります。

 

修繕費か資本的支出かを判断する基準はあります。いずれかに該当するときは修繕費となります。

・その金額が60万円に満たない場合

・その金額が修理、改良等に係る固定資産の前期末における取得価額の概ね10%相当額以下である場合

 

なお、医業を営む個人や医療法人が、継続してその支出する金額の30%相当額とその修理、改良等をした固定資産の前期末における取得価額の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費とし、残額を資本的支出とする経理も認められています。