養子縁組をして法定相続人を増加

養子縁組をすれば法定相続人の数が増加しますが、相続税計算上の法定相続人に含めることができる養子の数は以下の通り制限があります。

・被相続人に実の子供がいる場合には1人まで

・被相続人に実の子供がいない場合には2人まで

 

また、養子の数を法定相続人の数に含めることで相続税の負担を不当に減少させる場合には、その原因となる養子の数は含められないことになります。さて、法定相続人を増やすと具体的にどのような節税効果があるのでしょうか。

 

  • 法定相続人1人につき基礎控除が600万円増加

 

基礎控除の算式は以下の通りです。

基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

 

つまり、法定相続人一人が増加すれば600万円の基礎控除が増えることになります。

 

  • 超過累進税率の緩和

 

相続税の計算は、法定相続人が法定相続分通りに財産を取得したものとして各人の相続税を計算し、合算します。相続税の総額は、各法定相続人が取得したとされる財産の金額に応じて超過累進税率である相続税率によって相続税を計算します。そのため、法定相続人が増加することで一人当たりの取得する財産が減少しますので、適用される超過累進税率が低くなります。

 

  • 生命保険非課税限度額が法定相続人1人につき500万円増加

 

死亡保険金の受取人が相続人である場合、次の算式によって計算した非課税限度額は以下の通りです。

 

非課税限度額=500万円×法定相続人の数

 

法定相続人が一人増加すれば、500万円の非課税限度額が増えます。

 

  • 死亡退職金非課税限度額が法定相続人1人につき500万円増加

 

死亡退職金の受取人が相続人である場合、以下の算式で計算した非課税限度額が設けられています。

 

非課税限度額=500万円×法定相続人の数

 

法定相続人が一人増加すれば、500万円の非課税限度額が増えます。