子供及び孫にコツコツ贈与

相続税がかからないようにするためには、生前贈与が有効、といいたいところですが、贈与税がかかります。

しかしながら、贈与税は1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除110万円を控除した残額に対してかかりますので、その金額が110万円以下ならば贈与税はかかりません。10年で1,100万円、20年で2,200万円も無税で贈与できることになります。子供3人がいれば、一人110万円づつ、330万円の財産を無税で贈与できます。やはりすごいですよね。

 

ここで孫に直接贈与してしまえば、親から子、子から孫と二段階の必要はありませんから、さらに相続税の機会を減らすことができます。

 

アンラッキーなことが起きる可能性があると言えば、相続が発生した場合に、その相続によって財産を取得した人が、被相続人から、その亡くなる前3年以内に贈与を受けた財産がある場合、その贈与財産については相続時柄の課税対象になってしまうということでしょう。財産をせっかく生前贈与したのに、贈与税ではなく相続税がかかってしまいます。

 

そうは言っても、「死」はコントロールができるものではありませんから、コツコツ贈与が一番効果的であることは確かでしょう。