患者負担金の未収金を貸倒損失として計上

以下の事実が発生した場合は、患者負担金の未収金等の売掛債権を貸倒損失として経費にできます。

・継続的な取引を行っていた患者等の資産状況、支払い能力等が悪化したため、その患者等が来院しなくなり、その診療を停止した場合、その診療停止の時と最後の弁済の時等のうち、最も遅いときから1年以上経過したとき

・同一地域の患者等に対する売掛債権の総額が取立費用より少なく、支払いを督促しても弁済がない場合