医療法人から役員賞与を支給

役員は原則、定期同額給与に該当しない場合は、経費に算入することができません。そのため、役員賞与は経費に認められないということになります。

但し、役員賞与が事前確定届出給与になれば、経費にできます。これは、その役員の職務につき、予め確定額を支給する旨の定めに基づいて支給する給与のことです。

 

事前確定届出給与を採用する場合、支給を行うことを決定した社員総会の決議日から1月を経過するまでに、事前確定届出書を税務署に提出する必要があります。

 

また、予め役員賞与の金額を決めておいて、それを役員報酬に加えて分割して支給しても良いと思います。このときは事前届け出は不要ですが。

 

なお、届け出た支給額と実際の支給額が異なった場合には、事前確定届出給与に該当せず、その支給額の全額が経費にすることができません。

 

役員の職制上の地位の変更等によって臨時改定事由があれば、それが生じた日から1月を経過する日までに、変更届け出を提出なければなりません。

 

事前確定給与は支給限度額の届け出はなく、実際の支給額でなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です