永年勤続者へ記念品又は創業記念品を支給

医業を営む個人や医療法人が、長年にわたって勤続した役員や従業員への報償として、旅行や観劇等に招待、あるいは記念品を支給したときに、以下の条件を満たせば、福利厚生費として経費に算入することができます。

(a) 役員又は従業員の勤続期間等に照らして、社会通念上相当と認められること

(b) その表彰が、概ね10年以上の勤続年数の者を対象として、かつ、2回以上表彰を受ける者については、概ね5年以上の間隔を置いて行われるものであること

 

但し、金銭そのものの支給や、一定の範囲内で自由に表彰対象者が欲しい品物を選択できる、というような場合には給与課税され、福利厚生費にはなりません

 

例えば旅行券の場合にはどうでしょうか。一種の金券です。このときには以下の条件を満たせば、福利厚生費とすることができます。

 

①旅行の実施は、旅行券の支給後1年以内

②旅行の範囲は、支給した旅行券の額から見て相当なものであること

③旅行券の支給を受けた者がその旅行を実施した場合、所定の報告書に必要事項(旅行実施者の所属・氏名・旅行日・旅行先・旅行社への支払額)を記載し、これに旅行先を確認できる資料を添付して事業主に提出すること

④旅行券の支給を受けた者がその旅行券の支給後1年以内に旅行券の全部または一部を使用しなかった場合、その使用しなかった旅行券を事業主に返還すること

 

開業記念日に記念品を支給する場合もあると思います、このときも以下のような場合には、福利厚生費として経費に算入できます。

 

①その支給する記念品が社会通念上記念品として相応しいもので、そのものの価額が1万円以下であること

②創業記念のように一定期間ごとに到来する記念に際し、支給する記念品については、創業後相当な期間(概ね5年以上の期間)毎に支給するものであること