節税商品としての保険

節税商品とは、その商品を買えば、課税資産が少なくなる商品です。不動産もその一つとは言えますが、この商品には潜在的な金銭価値があります。従いまして、自分の資産を保持したままで課税資産だけを少なくするということです。胡散臭さ満点ですが、この代表格は「保険商品」が上げられます。保険商品を語ると、それこそ何冊か本をかけてしまうので、ここでは概略だけを説明しましょう。

要するに保険会社が富裕層を相手に税金が安くなる商品を開発し、税金が安くなった分だけ手数料をガッポガッポ儲けます。その手数料の一部が政治家や官僚の袖の下に回る、簡単に言えばそういうことです。どうです、胡散臭いでしょう。まあ、実際、保険会社や政治家、官僚が儲かるのですが、富裕層も合法的に節税ができれば、文句も言いません。でも使えるものは使えでいいんです。

 

さて、これだけではなぜ富裕層にメリットがあるのかよくわかりませんね。次に行きましょう。一応、生命保険という体裁だけが整っていますが、会社が社長に生命保険を掛けると、保険金の受取人が会社であれば、保険料は原則として会社の経費に計上できます。そこで生命保険には死亡したときや入院したときに受け取れる保険部分と、満期になって解約したりするときに受け取る貯蓄部分があります。通常、会社が生命保険を掛けたとき、保険部分は会社の経費にできますが、貯蓄部分は経費ではなく資産とすることになっています。

 

この部分をあいまいにすることで、経費にする部分もあいまいになります。そこで、保険部分と貯蓄部分が明確に分かれている場合には、経費と資産に分けるのですが、明確でない場合には、経費にしてしまえたのです。その法律の盲点をついて、保険部分と貯蓄部分が曖昧な商品、これが胡散臭い保険商品という奴です。

 

一般の方にはわからないと思いますが、経費と資産の違いは、経費にできれば税金が少なくなる、あるいは払わなくてよくなります。資産の場合はキャッシュアウトはしますが、税金は減らせません。ですので、会社としては同じキャッシュアウトするならば、経費になった方がいいわけです。そしてうやむやになってキャッシュアウトしたと思っていた部分が実は資産であって、いずれ返ってくればよいわけです。税金が減少した一部分は保険会社に支払ってもどうってことはありません。最終的にキャッシュの手残りがあればいいのですから。

 

個人の方も、生命保険料控除というものは、確定申告か年末調整で出てきたことがあるはずです。でも上限がありますよね。仮に、これの上限がなくて、保険会社にかけた保険料が費用になって、所得税がゼロになって、所得税を30万円払わなければならないところが、保険会社に5万円払って、25万円税金を払わずに手元に残るとしたら、うれしくないですか。

 

こういった節税指南をやっていると思えばいいんです。我々貧乏人からはひたすら保険料を取る以外のことはやりませんがね。