孫を養子にすると何で節税になるの?

相続税は、法定相続人の数がカギになります。相続税の基礎控除は、法定相続人×600万円+3,000万円という算式で求められます。具体例を挙げれば、法定相続人が3人であった場合、4,800万円までの相続財産には相続税がかかりません。つまり、法定相続人が多ければ多いほど、相続税の基礎控除額は多くなります。

そして法定相続人は原則、配偶者と子供となっています。そのため、妻と子供を残して死んだ場合、妻と子供が法定相続人となります。子供がいない場合には両親も相続人となり、両親がいない場合には兄弟も法定相続人になります。従いまして、孫は法定相続人にはなれません。そこで孫を養子にすれば、相続税法上は、子供として法定相続人として扱われます。

そうなると孫をポンポンと法定相続人としてしまえばいいことになりますが、要件があって、子供がいない夫婦では二人まで、子供のいる夫婦では一人までという制限があります。

さらに相続税は遺産の数が多ければ多いほど税率が上がる、累進課税制度をとっています。ここで注意が必要なのは、遺族が相続した遺産全体にかかるのではなく、遺産をもらった遺族一人一人に対して、そのもらった遺産の額に応じてかかってきます。そのため、多くの法定相続人に遺産を分配して、一人一人のもらう金額を減らしておけば、相続税をそれだけ低く抑えることが可能となるのです。

簡単に事例を挙げて考えてみます。遺産総額が1億円とします(基礎控除及び法定相続人1名は勘案されているとします。そうすると実際の相続対象資産は1億3,600万円となります)。なお、1億円の税率は30%で、控除額は700万円となります。ここでは簡単にするために、養子ではなく、実子一人と二人のケースを考えてみたいと思います。養子についてはまた次回にします。

(a) 相続人が子供が一人の場合
1億円×30%-控除額700万円=相続税納税額2,300万

(b) 相続人が子供が二人の場合
法定相続人が一人増えましたから、遺産総額から基礎控除と法定相続人2名を引くと9,400万円になりますね。
一人分:4,700万円×20%-控除額200万円=一人分の相続税納税額740万円
740万円×2人=二人分の相続税納税額1,480万円

2,300万円―1,480万円=820万円(一人法定相続人が増えたことによる減少額)

法定相続人が一人増えただけでも、820万円も相続税が減りましたね。とにかくまず法定相続人を増やすことが相続税を減らすポイントです。もっとも法定相続人を増やせば、相続税は減少しても、個人の手取りが減ることもまた確かです。元々の親が法定相続人を増やしたくても、配偶者や子供たちの間で争族が起きる可能性も高まります。