中古資産の活用と耐用年数

1.ポイント
中古試算で耐用年数を過ぎているからと言って、購入額全額を損金とすることはできません。

2.解説
中古資産の耐用年数は以下のような計算で求められます。

(a) 見積法
中古資産をその用に供した開始時以後の使用可能年数を見積もります。

(b) 簡便法
法定耐用年数をすべて経過した場合耐用年数=法定耐用年数×20%
法定耐用年数の一部を経過している場合
耐用年数= 法定耐用年数−経過年数+経過年数×20 %
※1年未満の端数は切捨てで最短2年

(c) 資本的支出がある場合簡便計算法
耐用年数=(当初の取得額+ 資本的支出の額)
÷(当初の取得額/ 簡便法による耐用年数資本的支出の額/ 法定耐用年数)
※1年未満の端数は切捨て

(d) 中古資産の耐用年数について表にまとめると以下の通りとなります。

資本的支出の額 耐用年数
新品の取得価額の50 % 超 法定耐用年数
新品の取得価額の50 % 以下でかつ、
中古取得価額の50 % 超 見積法
(簡便計算も認められている)
中古の取得価額の50 % 以下または資本的支出がない場合 原則見積法。
見積りが困難な場合に限り簡便法

中古資産の耐用年数の計算は、簡便な計算方法もありますが、専門家に相談することをお勧めします。