メディカルサービス法人のメリット・デメリット

1.ポイント
メディカルサービス(MS)法人には、以前ほどのメリットはなくなっていますが、それでもMS法人に不動産等の資産を集めることで相続税対策となったり、親族を代表者や役員とすることで節税を検討する余地があります。

2.解説
開業医や医療法人は医療法によって業務が制限され、営利活動を行うことができません。しかしMS法人は医療法に規制されないので、多様な業務が可能となります。

(1) メリット
MS法人のメリットは以下の通りです。
(a) 保険請求等の医療事務をMS法人業務にすることにより、診療に専念することができます。
(b) 医薬品購入等の資金計画から解放されます。
(c) 業務委託料等を支払うことにより業務を分散でき、結果的に所得分散も可能となります。
(d) MS法人に不動産を譲渡するなどにより、相続対策等も可能となります。
(e) MS法人から家族等への給与の支払いが可能となります。
(f) 利益の配当が可能となります。

(2) デメリット
MS法人のデメリットは以下の通りです。
(a) 事務手続が複雑になるので、事務コストが上がる可能性があります。
(b) MS法人が黒字になった場合、事業税が増加します。
(c) MS法人との取引に合理性および妥当性が無い場合、取引そのものを否認される可能性があります。

(3) 活用事例
MS法人の活用事例には以下のような業務があります。
(a) 医院の受付、窓口業務
(b) 医院の会計業務
(c) 診療報酬請求事務
(d) 医療機器や医療設備、車両などのリース
(e) 医薬品や医療材料、医療機器、医療器具、また医療消耗品や衛生消耗品などの仕入れ、販売および在庫管理
(f) 経営管理業務
(g) 経営計画や資金計画の作成および管理指導
(h) 医院の設備管理・保守
(i) 清掃業務や衛生業務
(j) 給食事務や食堂の経営
(k) 歯科技工の請負
(l) 土地建物の賃貸業務や不動産管理業務

なお、医療法人とMS法人とは同族関係にあるでしょうから、契約書を作成し、業務範囲や取引内容を明確にしておくと良いでしょう。