医療法人の社員

1.ポイント
医療法人の社員は、自然人のみと決まっています。そのため、株式会社や医療法人は社員とはなれません。

2.解説
医療法人の社員とは従業員のことではありません。財産を拠出した人は通常社員となります。拠出していない場合でも社員になることができます。また、自然人に限られ、株式会社等や医療法人が社員になることはできません。社員は、原則として3人以上とするのが都道府県の指導です。

(1) 議決権
社員総会での議決権は、拠出額にかかわらず1社員につき1個のみです。株式会社では、持株数に応じて議決権が行使されますが、医療法人の場合は社員に1議決権となりますので株式会社とは異なります。

(2) 社員の資格
社員となりうる資格については、法律上、意思能力があればよいことになっていますが、都道府県の一般的な指導では未成年者は適当ではないとされています。