社員総会と理事会

1.ポイント

社員総会の議決権は出資額または基金拠出金額とは関係がなく、社員1人当たり、1議決権となります。

2.解説

社員総会は法人の意思決定をする機関で、理事会は社員総会で決定された事項を執行する機関です。医療法人は構成する社員で組織される「社員総会」と役員である理事で組織される「理事会」からなります。会計年度が4月1日〜3月31日で、3月と5月に定時総会を開催する場合は以下のような事柄を決定します。

 

3月開催定時総会

・翌年度の事業計画の策定

・翌年度の予算の決定

・翌年度の借入金限度額の決定

5月開催社員総会

・前年度決算の決定

・剰余(欠損)金の処理

・役員の改選(任期満了の年のみ)

臨時総会

・社員の入社および除名の決定

・社員の入退社に伴う出資持分の変更および払い戻し

・定款の変更

・基本財産の設定および処分(担保提供を含む)

・基金申込みの承認

・事業計画の変更

・予算の変更

・役員の改選(理事・監事に欠員の生じたときおよび増員)

 

議事は出席した社員(過半数の出席)の議決権の過半数で決します。可否同数のときは、議長が決することになります。但し、解散の議決は社員の3分の2以上が出席し、総社員の4分の3以上の同意が必要となります。また、会議の議決事項につき、特別の利害関係を有する者は、当該事項につきその議決権を行使することができません。株式会社と異なり、社員は社員総会で1個の議決権をもっており、出資額(拠出額)は関係がありません。

 

理事会は理事で構成され、業務内容を執行するための意思決定を行います。さらに組織運営上必要な様々な活動を行います。また、理事のうち1人は理事長とし、原則、医師(歯科医師)の中から選出することになります。そして理事会で選出された理事長は、医療法人を代表し、その業務の全てにわたって総括します。