ゴルフ会員権とプレイ費

1.ポイント
個人の趣味でゴルフの競技会に参加したとき、この参加費用は損金になりません。役員賞与とみなされます。

2.解説
医療法人でゴルフ会員権と会費を支出した場合、損金となるものと個人的なものをきちんと区別しておく必要があります。それによって、損金や役員賞与の対象になります。

(a) ゴルフ会員権の入会費
入会費は資産計上します。そして年会費は交際費として経費処理することになりますが、ゴルフ会員となることが、法人の業務遂行上必要かどうかが問われます。業務遂行上必要な場合とは、たとえば接待などの場合になるでしょう。しかし特定の役員だけが利用できるという場合には、入会金相当額を特定の役員に対する給与として取り扱わなければなりません。

(b) 年会費
法人がゴルフクラブに支出する年会費、また、年極めのロッカー料金、その他の費用は、入会金が資産計上されている場合は、交際費としてみなされます。また、入会金が給与としてみなされている場合は、年会費等も給与として取り扱われることになります。全ては業務遂行上必要かどうかという視点が必要です。

(c) 名義変更
法人会員として入会した後に、その法人の名義人を他の者に変更する場合の名義書換料は、入会金が交際費として取り扱われている場合は、入会金として、給与として取り扱われている場合は、給与としてみなされます。また、プレイ料金は、その実質にしたがって、交際費または給与として取り扱われます。

法人としての利用なのか、個人としての利用なのかを区別をしておきましょう。業務遂行上必要かどうかを常に問いましょう。