BLOG

優先順位にもパレートの法則がある

パレートの法則というものを聞いたことはありますか。色々なものがあります。例えば、上位2割の優秀な営業が会社の8割の売上を上げている、つまり、8割の平凡な営業は会社の売上の2割にしか役に立っていないということです。

 

もう一つ、ここで取り上げたいのは、目的に対して対処すべき事項の上位2割を対処できれば、目的の8割は処理されているということなのです。

 

まずは、今日やらなければならない仕事をすべて書き出してみましょう。そして最終目的に向かっていくために必要な重要事項から優先順位をつけていきます。さらに、その仕事に充てられる時間を振り当てていきましょう。その処理時間は、過去の体験に基づいて決めましょう。適当ではいけません。ここで優先順位の上位2割の仕事が、その日やるべき仕事の重要性の8割を占めていることに気づくはずです。逆にいれば、残り8割の仕事は、最終目標を達成するための今日やるべき仕事から考えると、大した重要性はないということになります。

 

実は営業先も同じようなものでして、コアな顧客、ヘビーなリピーターは大抵2割くらいで、後8割は、たまに来るか、今後リピーターになるかもしれないし、ならないかもしれない新規顧客から構成されます。新規顧客は必要ですから、むげにはできませんが、経営資源を割く、時間や丁寧さと言ってよいでしょうが、それは上位2割だけを徹底して扱っていれば、経営は上手く行くというものです。

 

残り8割を丁寧に取り扱おうとすると、時間の割には身の入りの少ないことになります。8割を無視しろとは言いませんが、2割を大切にしましょう。それで十分なはずです。いわゆる片っ端から攻撃を仕掛ける、絨毯爆撃は、経営上は無駄なことが多いのです。もっとも絨毯爆撃は、相手がどこにいるかわからない場合に調査にコストをかけないための戦略ではありますが、爆弾の無駄は否定できません。

 

むしろ、日々何となくこなしている仕事は、絨毯爆撃のようです。まずは目標を設定し、それに向かって経営計画を立て、その遂行に重要度の高さで、やるべきことをリストアップし、上位からこなしていきましょう。もし下位4割が残ってしまったとしても、どこか暇な時に、やってしまえばよいことです。仮にやらなったとしても、大丈夫なことかもしれません。ここで重要なことは重要性の高いこと2割をこなせば、実は目標に向かう8割の事は完了しているということを知ることです。目の前の雑多な処理を片っ端からやるようなことはやめましょう。

関連記事一覧