BLOG

儲けることは実は顧客のためになると思え

ビジネスモデルとは、要するに儲ける仕組みです。もう少し踏み込んで考えれば、顧客価値と利益の相互作用を通じて顧客満足を高めることですが、それは顧客の視点からのお話。であれば、単純に「儲ける仕組み」という業者側の視点で考え直してみましょう。つまり顧客価値提案はひとまず置いておき、利益から先に考えるというスタンスです。ビジネスなんですから、顧客満足だけ考えてボランティアになってはいけません。

往々にして、顧客満足を優先させ、顧客がどんなものを喜ぶのか、何を欲しているのかを考えると、ボランティアビジネスになってしまうものばかりなのです。それは当たり前でしょう。なぜならば、何故顧客が喜ぶかを優先させているわけですから、そこに採算という視点が入っていないのです。これではいけません。でも本当によくある落とし穴です。

何か広告宣伝をして、顧客が問い合わせてきても、なぜかお悩み相談室になってしまって、顧客はサービスを購入してくれません。利益を優先的に考えるべきと言ったところで、もちろん顧客満足の視点がどこにも入っていなければいけません。これもよくあるパターンとしては、自分たちがラクをしようというサービスにしてしまって、顧客に負担をかけているもの。顧客が負担を感じた時点で、これもまたお金にはなりません。

要するに入り口が顧客価値であって、出口が利益なのですから、先に利益を考えてから顧客価値を考え直せばいいだけの話です。利益から先になんて、がめついと思う人がいたら間違いです。ビジネスは先ずは儲けること。儲けなければ、次がないのです。どうやってサービス提供者が生活するのでしょう。そしてビジネスはおカネがかかります。つまり原価や費用があって、売上が立つのです。儲けを考えないということは、お客さまへのサービスを断念するということに近いのです。利益とは顧客満足を実現するのに必要不可欠であって、将来の顧客満足を生み出す基盤になります。

そしてリスクの高い現在の経営環境においては、リスクをとるためにも内部留保が必要です。だからビジネスは先ず儲けなければ話になりません。利益を前提としないという考え方の方がむしろ間違っています。利益は後でいい、まずは顧客がいかに満足するかは偽善的な考え方にすぎません。

それに現在のビジネスモデルが顧客価値提案のところで先に進んでいないのならばなおさらです。まずは利益から考えましょう。発想の転換だと思って下さい。利益の取り方を考えてビジネスモデルを組み立てなおして、再び顧客価値提案を考えてみたら、もっと素晴らしい顧客満足が生まれるかもしれません。顧客満足の一番大きなところは、出したお金以上に大きな価値をそのサービスで手に入れられるかです。それはやはりサービスそのものにコストをかけることではないでしょうか。ならば、儲かっていないからコストをかけられないサービスではダメで、儲けなければ話にならないというわけです。儲けることは経営者のためにもなりますが、実は顧客のためなのです。

関連記事一覧