フランチャイザーの契約上の地位の譲渡

契約上の地位の移転については、原則として契約の相手方の承諾が必要になります。そのため、フランチャイザー側が地位を譲渡する場合にも、フランチャイジーの承諾が必要になります。

フランチャイザーの地位の譲渡については、フランチャイズ契約において、地位の譲渡を事前承諾する条項を入れて置く場合があります。

事前承諾条項がない場合でも、株式譲渡や株式交換、合併や会社分割によってフランチャイザーの経営主体を変更することは可能です。といいますのは、これらの行為は、契約上の地位は譲渡されず、単に会社の支配権が変更するだけだからです。このときはフランチャイジーに諾否の自由はありません。