調査の事前通知

通常、予告調査の場合、税務代理権限証書を提出している税理士に行います。

実地調査を行う場合、税務署は、原則、調査開始前に相当の時間的余裕を置き、電話等によって、実地の調査を行う旨、調査を開始する日時・場所や調査の対象となる税目・課税期間、調査の目的等を通知しなくてはなりません。

 

調査時に複数の調査官が来る場合には、調査担当者の代表者名、所属部署、同行予定人数も通知してきます。

 

このようにして、関与税理士を通じて、顧問先のクリニックへ税務調査実施の通知があった旨の連絡がなされます。

 

スケジュールが合わない場合もありますから、医者と税理士で日程調整をして複数候補日をリストアップして、後日税務署に決定してもらうことになります。