調査官の心証を良くするために

調査官も人間ですから、感情的になることはあります。医者の態度が悪ければ、質問もハードになることがあるのです。そのため、調査官に対する心証をできるだけよくするよう努めた方がいいに決まっています。

そのためには、最低限、調査のために必要な資料はしっかりと準備しておくことです。

予約帳、スタッフの履歴書、タイムカードなど、あってもしかるべきものが準備されていないと、故意に資料を提出しないのではないかと疑われてしまいます。

提出資料はコピーを求められることがあります。素直に応じた方好いでしょう。協力することで調査が円滑に進み、調査官とのコミュニケーションもうまく運ぶことになります。

調査官に対して誠意のある対応と協力をすれば、自ずと適正な会計処理をしていることが相手に伝わります。

税務調査では、調査官を敵視せず、スムーズなコミュニケーションを図ることが重要となります。