税務調査のためには、スタッフに長く勤めてもらうことも大切

日頃の現金管理を適切に行うためには、窓口の受付担当者等の事務スタッフの指導を適切に行いましょう。

身内(配偶者)にやらせる方が安心だと思うかもしれませんが、入金専用の口座を開設して、銀行への現金預け入れの作業をスタッフに行わせる体制を整えた方が、調査官の現金チェックが省略されることもあります。

資料整理についても、中身を見られても問題がないものについては、特定のスタッフにファイリングをサポートさせることを検討した方が良いと思われます。

医療従事者には、転職をする人も少なくありませんし、じっくりと腰を落ち着けてくれるスタッフを探すのは大変です。

しかし、税務調査の観点から申しますと、スタッフにできるだけ長く勤めてもらうことは、過去に行われた調査の敬意も把握しており、必要な資料をすぐに探すこともできます。

給料や待遇、スタッフの雇用条件への配慮をおろそかにいてはなりません。甘やかしはいけませんが、長く勤めてもらうことが大切です。