会計事務所を頼ろう

税務調査に会計事務所を必ずしも関わらせる義務はありません。税務調査には、税理士に対してそれなりの報酬を支払わなければなりません。しかしながら、会計事務所が関わらないと、調査を受けた納税者の、課税リスクはもっと高まることになります。

税務署の指摘の中には明らかに不合理と思われることも少なくなく、税理士が立ち会っていれば切り返しがきくこともあります。もちろん税理士に任せておけば、追徴課税は全くないわけではありませんが、金額が減る可能性は高いと思います。

納税者だけで税務調査に対応した場合、本来支払う必要のなかった税金を納めさせられる危険が増すということなのです。

どのような会計事務所が信頼できるか、といえば、
・指導をきっちりと行ってくれる
・調査準備をしっかりと行ってくれる
・予行演習を実施してくれる
・税理士が調査に立ち会ってくれる

というような会計事務所だと思います。しかしそのためには、普段、顧問料を適切に払っておかなければなりません。ここでけちると上記のようなサービスを提供したくても、会計事務所側も提供できません。