タレコミ

税務調査のきっかけとなるのが、タレコミだったりします。投書、電話、税務署への来署等。クリニックに不満を持って辞めたスタッフで特に、金銭管理を任されていた人、後は、あいつは外国の高級車を乗っているとか、何度も海外旅行へ行っている等、妬みや僻みもあったりします。もちろん税務署もそんなタレコミばかり相手にしているわけではありません。

同一案件について、別人から複数あったような場合には大いに参考にするようです。また資料や内部情報を持ってきた人からの情報であれば、その信憑性を確認した上で具体的に調査を行う場合もあります。

辞めたスタッフが、売上除外金額を集計したリストや、架空人件費に該当するタイムカードを提出してきた場合等は非常に有用な情報と言えます。その他、愛人が隠し財産の保管状況等を暴露する場合もあるとか。

このようなダークサイドがないことが当然望ましいこととは言えますが、まあそれはともかくとして、人間関係だけは怨まれないような人間関係にしておかなければいけませんよね。どうやっても逆恨みは避けられませんが、愛人だけは持たなければいいだけの話ですから。

通常、クリニックは無予告調査はそれほど多い業種ではありません。しかし、きっかけはタレコミによって、起こることもないわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です