自賠責・労災の期ズレ

整形外科は、保険診療収入がほとんどですから、収入の計上漏れはあまりなく、チェックポイントは期ズレになります。

交通事故や労働災害に伴う傷病については、自賠責や労災保険で支払われることになり、保険会社等の査定を経て、実際に振り込まれるのは、治療後数か月後です。

そのため、後から振り込まれる金額について、請求した月に自費未収金として計上しておかなければなりません。忘れているケースがほとんどですが、税務調査において、調査官から、自賠責や労災に関するノートを要求されます。