見落とされがちな項目について

新幹線の回数券は商品券と同様に、換金性が高いために、税務調査の際の重点チェック項目となっています。

院長は地方都市のクリニックの近隣に住み、妻は東京都内に子供と一緒に住んでいるという場合、院長が妻と子供に会うために使う新幹線の回数券は、事業目的ではない、と経費としては認められません。

スイカについては、旅費交通費だけの使用にしましょう。使用履歴を見ればわかってしまいますから、スイカで食料品、衣料品等の日用品を購入してはなりません。

福祉共済負担員や連盟会費等経費化できないモノが医師会などの会費と一緒に計上されていることがありますが、必ず除外するようにしましょう。

研修会費も総額で支払ったとしても、受講した回数でしか経費化できません。

診療所家賃や生命保険料等を1年間前払いすれば、その全額を経費化できます。これを短期前払費用と言います。

時の経過に応じて均等に発生しない経費には適用できません。清掃代等、分量によって変わる費用は費用化できません。